ブレインリーディングとは

フォトリーディングとは

フォトリーディングは速読とは違います。フォトリーディングは、大脳生理学、認知心理学、神経言語プログラミング、そして加速学習(アクセレラティブ・ラーニング)の最先端の知識をベースに開発された、情報処理のスピードを高める技術です。

人間の脳が、4%しか使われていないことは、ご存知だと思います。しかし、残り96%をどのように使えばいいのかについては、誰も教えてくれませんでした。

左脳は言語を、右脳は図や絵を処理します。このように役割分担があります。左脳は、7±2バイトの情報しか処理できません。

これは電話番号が8桁以上になると覚えにくくなることからも分かります。しかし、右脳は、イメージを処理する脳ですから、写 真のように何百万バイトもの情報を撮り込むことができます。フォトリーディングは、左脳と右脳の役割の違いを踏まえ、全脳をバランスよく活用します。その結果 、大変なスピードで、文書が処理できるようになるのです。

フォトリーディングで直感力を鍛える

フォトリーディングは無意識に「イメージ」として入った情報を顕在意識で「文字情報」として引っ張り出すためのスキルです。この作業を読書のたびに繰り返すことによって、あなたは無意識と顕在意識のつながりが強くなっていきます。

無意識のうちに蓄積された論理、経験、知識が必要に応じて情報として取り出された状態を「直感が働いた」という表現で表すことがあります。つまりフォトリーディングとは直感力トレーニングの側面があると私は考えています。

実際にフォトリーディング受講生から

「シンクロニシティ(あり得ない偶然)が頻発するようになった」「直感が働くようになった」

という声を多く耳にします。

直感力は思考能力の一つであり、ずば抜けた実績をあげたビジネスマン、研究者の多くが、必ずと言っていいほど重視しているものです。あなたもフォトリーディングで、単に本を速く処理するだけでなく、人生を変える直感力を強化してみませんか?

なぜマインドマップがフォトリーディングに役立つのか

マインドマップは線や図形、カラー、落書きなどのイメージに文字を関連付けて記入する全脳思考のためのノート法といわれます。マインドマップをフォトリーディングに活用することによって、フォトリーディングで無意識下に入った本の内容のイメージを、文字だけでなくイメージの力を借りることによって、より効果的に顕在意識上の情報へと変換することが期待されます。

本格的なマインドマップをフォトリーディングに取り入れることによって、直感力を高めるというフォトリーディングの側面をより強化すると同時に、フォトリーディング自体の効果を高めようと試みているのが、このフォトリーディング講座の特徴です。

大量の情報を短時間でインプットするフォトリーディングと、情報をまとめ、そこから発想をアウトプットするマインドマップとの 組み合わせは絶妙です。マインドマップとフォトリーディングの両方を 教えるインストラクターとして、その最高のコラボレーションを実現することをお約束します。

フォトリーディング集中講座

フォトリーディング集中講座へのお申し込みはこちらから
フォトリーディング集中講座へのお申し込み